就業規則info
会社と従業員の明日を拓く就業規則を作るお手伝いをします!
「会社を元気にする!」
労務連続無料セミナー
就業規則作成・改定の基礎
就業規則とは何ですか
就業規則はどうして必要ですか
就業規則を作らなければならない会社とは?
就業規則作成、届出の手順は?
就業規則改定、変更の手順は?
就業規則の各項目別ポイント
総則
採用
人事異動
休職
労働時間、休憩、休日
休暇
服務規律
賃金
退職
解雇
退職金
表彰、制裁
安全衛生
雑則
事務所のご案内
プロフィール
Links
就業規則診断、作成、改定料金表
就業規則診断、作成、改定の申込、問合せ
電話・FAXで 
042-391-2115
平日10:00〜20:00

就業規則を作らなければならない会社とは?

常時10人以上、労働者を雇っている事業所は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届けなければなりません。

就業規則を変更した場合も、同じように届出が必要になります。
業種や設立形体(法人か個人事業か)などは一切問いません。
常時10人以上、労働者を雇っているとは?

この労働者には、パートやアルバイトなどの従業員も含まれます。ただ、派遣労働者は、派遣先においては含まれません。

一年のうち、数ヶ月は10人未満になることがあっても、それ以外のほとんどの月は10人以上の従業員を使用しているという場合も当てはまります。
逆に、いつもは8人で、忙しい数ヶ月だけ2〜3人を時は、常時10人とは言いません。




2つの工場があって、2つとも10人未満だが、合わせて10人以上となる会社は?

この場合は作成義務はありません。人数は、企業単位ではなく、事業所単位で見るためです。




10人未満の会社は作らなくても安泰?

作成義務がなくても、労働条件を明示し従業員に安心して働いてもらうため、また従業員とのトラブルを未然に防止するために、就業規則を作ることをお勧めします。
10人未満の会社で作成した場合も、10人以上の会社で作成した就業規則と全く同じ法的な力を持ちます。

 
Web www.sh-kisoku.info

就業規則コンサルタント
就業規則コンサルタント 安部敬太
社会保険労務士 安部敬太

東京都東村山市

就業規則info