就業規則info
会社と従業員の明日を拓く就業規則を作るお手伝いをします!
「会社を元気にする!」
労務連続無料セミナー
就業規則作成・改定の基礎
就業規則とは何ですか
就業規則はどうして必要ですか
就業規則を作らなければならない会社とは?
就業規則作成、届出の手順は?
就業規則改定、変更の手順は?
就業規則の各項目別ポイント
総則
採用
人事異動
休職
労働時間、休憩、休日
休暇
服務規律
賃金
退職
解雇
退職金
表彰、制裁
安全衛生
雑則
事務所のご案内
プロフィール
Links
就業規則診断、作成、改定料金表
就業規則診断、作成、改定の申込、問合せ
電話・FAXで 
042-391-2115
平日10:00〜20:00

就業規則「休暇」の規定の仕方は?

年次有給休暇
産前産後休業
生理休業
育児休業
介護休業
慶弔休暇

第6章 休暇

【年次有給休暇】
第20条会社は、各年度(雇入れ時は6ヶ月)ごとに全労働日の8割以上出勤した従業員に、次表のとおり勤続年数に応じた年次有給休暇を与える。
勤続年数6ヶ月1年6ヶ月2年6ヶ月3年6ヶ月4年6ヶ月5年6ヶ月6年6ヶ月
付与日数10日11日12日14日16日18日20日
従業員は、年次有給休暇を取得ようとするときは、あらかじめ時季を指定して請求するものとする。ただし、会社は、事業の正常な運営を妨げるときは、従業員の指定した時季を変更することがある。
 当該年度中で取得できなかった年次有給休暇の日数については、次年度に限り繰り越すことができる。

【Q&A】
Q:8割出勤に満たなかった労働者が翌年度は8割出勤し有休の権利を取得したがその場合の付与日数は?
A: たとえば、1年6ヶ月から2年6ヶ月前については、病気で休職し8割出勤できず、2年6ヶ月時に有休休暇を取得できなかった労働者が、2年6ヶ月目から3年6ヶ月前までに8割出勤した場合に、3年6ヶ月時に何日付与されるかですね。
 この場合は、12日ではなく、14日が付与されます。つまり、取得できなかった年があるかどうかは問われることなく、あくまでその労働者のその時点の勤続年数によって、付与日数が決まります。


Q:出勤率の計算方法は?
A:
出勤率 出勤日数

全労働日(各期間の総暦日数−所定休日)

ただし、以下の日については、右のような扱いをします。
有給休暇取得日
産前産後休暇日
労災での休業日
育児・介護休業日
分母にも分子にも算入
生理休暇
会社の定めた慶弔などの休暇
分母から除く
(分子については扱い自由)
会社都合休業日、ストライキ、休日労働日分母からも分子からも除く


Q:パートタイム労働者の有休は?
A:週30時間未満かつ週4日以下の労働者の付与日数は以下です。名称は、パートであっても、週30時間以上または週5日以上の労働者は、通常と同じ付与日数となります。
週所定労働日数年所定労働日数勤続年数
0.5年1.5年2.5年3.5年4.5年5.5年6.5年
4日169〜216日7日8日9日10日12日13日15日
3日121〜168日5日6日6日8日9日10日11日
2日73〜120日3日4日4日5日6日6日7日
1日48〜72日1日2日2日2日3日3日3日


Q:パートから取得日直前に正社員になり、週所定労働日が5日以上になった場合の付与日数は?
A:パートであった期間も含めた取得日の勤続年数で決まります。パートで採用されて、取得日で3年6ヶ月経っていれば、前年までの取得数に関わらず、14日となります。


Q:育児休業を申し出た後に、育児休業期間中の有休を申請されました。認めなくてなりませんか?
A:育児休業を申し出た時点で、その期間中の労働義務は免除されていますので、有休取得はできません。

next→

 
Web www.sh-kisoku.info

就業規則コンサルタント
就業規則コンサルタント 安部敬太
社会保険労務士 安部敬太

東京都東村山市

就業規則info