就業規則info
会社と従業員の明日を拓く就業規則を作るお手伝いをします!
「会社を元気にする!」
労務連続無料セミナー
就業規則作成・改定の基礎
就業規則とは何ですか
就業規則はどうして必要ですか
就業規則を作らなければならない会社とは?
就業規則作成、届出の手順は?
就業規則改定、変更の手順は?
就業規則の各項目別ポイント
総則
採用
人事異動
休職
労働時間、休憩、休日
休暇
服務規律
賃金
退職
解雇
退職金
表彰、制裁
安全衛生
雑則
事務所のご案内
プロフィール
Links
就業規則診断、作成、改定料金表
就業規則診断、作成、改定の申込、問合せ
電話・FAXで 
042-391-2115
平日10:00〜20:00

就業規則作成、届出の手順は?

就業規則作成の手順です。大幅な改定・見直しの場合も、基本はこの手順に基づいて行います。


【1】スケジュールを作成します
作成には、早くても3〜4ヶ月程度の時間をかけます。
社長、労務担当の役員または総務部の責任者などが、開始時期を決め、大まかには1ヵ月ごとにどこまで進めていくかのスケジュールを立てましょう。
【2】労働者を含む就業規則作成プロジェクトを発足させます
就業規則作りを担うチームとして、役員数名、事業部門の管理職と労働者代表各数名、総務部数名、開業社会保険労務士から就業規則プロジェクトを作ります。
週一度、隔週などの定期的な間隔で会合を持ち、話し合いを進めていきます。

完成してから労働者代表の意見を聞くのではなく、作成の最初から労働者の意見を聞き、取り入れるべきところは取り入れて作っていきます。そのことではじめて、会社と社員の決まりごと=就業規則を労使共通のものとすることができ、社員は働く上での安心を、会社は労働トラブルの未然防止を得ることができます。

ただ、労使の利害は、就業規則の各項目について、相反する場合がほとんどで、意見がぶつかり合うことも多々あるでしょう。会社としてはこの場での発言については、査定などに反映して不利益を与えることがないという旨は約束しておくべきです。また、意見が平行線になった場合の行司役として、労働法の専門家であり、社会一般的な就業規則についても熟知している開業社会保険労務士の存在は欠かせません。
【3】労働条件を調べます
まずは、就業規則のない場合は、労働条件の実態、慣行を調べることから始めます。労働者に意見を聞く必要が生じた場合には、聞き取りや、アンケートなどで意見を集めてきます。
【4】盛り込むべき項目を決めます
どういう項目が必要かを話し合います。具体的な項目については、左の項目別ポイントを参考にしてください。パート、アルバイト、契約社員などについてはどうするか、別規定を設けるかどうかなどのアウトラインを話し合います。

【5】細かい内容を決めていきます
それぞれの項目について、細かい内容を決めていきます。同時に、法的に問題 がないかもチェックしていきます。
【6】最終案を取締役会で決定します
この場で異論が出た場合は、再度プロジェクトにて話し合いをする場合もあります。
【7】完成したものを従業員に知らせ、説明します
説明会などを開いて、しっかりと従業員全体に知ってもらい、理解しもらうように努めます。
【8】労働者代表の意見を聞き、必要な労使協定を整えます
労働者代表はできればプロジェクトに参加していた労働者であることが望ましいでしょう。いっしょに作ってきたものですから、当然同意を得られるよう努力しましょう。

同時に、時間外労働協定など必要な労使協定についても結ぶようにします。
【9】労働基準監督署に届け出ます
労働者代表の意見書を添付して、所轄労働基準監督署に届け出ます。ここで、法的な問題がもしあれば再度作成しなおす必要が生じます。

 
Web www.sh-kisoku.info

    最終更新日:2006/9/1
就業規則コンサルタント
就業規則コンサルタント 安部敬太
社会保険労務士 安部敬太

東京都東村山市

就業規則info